商品開発部 デザイナー

コンテンツの誕生には、新たなファンとの出会いがあります。

商品開発部のデザイナーは、当社のコンテンツをカタチにし、
ファンの皆様へお届けするまでをデザインする仕事をしています。

『様々な媒体の商品を企画し、クリエイターと共に開発をする。
それを自らの手でファンに届ける』
を共にデザインできる方、
お待ちしています。

Job

商品開発部のデザイナーは大きく分けて、3つの仕事を行っています。
仕事内容とそのプロセスをご紹介します。

1.企画
アイデアをしぼり出す!
アニメーション制作現場があり、より作品性の高い商品を生み出すことができるのは当社の強みです。「この作品ではどんな商品が喜ばれるだろう?」「こんなことをしたら面白いかな?」「商品のコンセプトに沿ったイラストがあるといいな。」毎回たくさんのアイデアをしぼり出します。描き下ろしイラストを使用したグッズはアニメーターと共同で開発をします。企画をしている時のワクワク感は、デザイナーの特権です!
企画書作成!
アイデアがまとまったら商品概要、スケジュール、予算、生産数などを企画書に盛り込み、社内で多角的に検討をします。
2.開発
デザインワーク!
企画書の検討を経て、いよいよ開発です。当社のデザイナーはアニメーション制作会社だからできる、より作品性の高いデザインを心掛けています。例えば色合いに気を使ってデザインをする点もひとつです。多くのキャラクターを色のイメージで表現する時は繊細な調整が大切です。キャラクターたちの持つ魅力を引き出してカタチにするのが、私たちデザイナーの腕の見せ所です!
作品制作スタッフも監修!
一度デザインしたものが作品性に沿っているか、色味がおかしくないかなどを商品開発部デザイナーはもちろん、作品の監督やキャラクターデザインなど作品制作スタッフもチェックすることで、デザインをブラッシュアップさせます。
製造会社様と開発
企画をカタチにしていく上では、製造会社様との打ち合わせも不可欠です。素材の相談や、入稿から納品までのスケジュール調整も行います。データ入稿後、製造会社様から校正サンプルが届きます。ここで自分がデザインしたものが初めてカタチとなります。校正サンプルを細部まで監修することで、より良い製品づくりを目指します。
いよいよ量産!
校正サンプルに問題がなければ、いよいよ量産です。ファンの皆様へ商品をお届けするまであと少し!
3.販売促進
ファンの皆様に喜んでいただける売り場づくり
WEB制作スタッフと共同で通販ページや特設サイトの構築を行います。また、京アニ&Doショップ!での商品陳列や店内POPの作成、ショーケースのレイアウト、様々なイベントでの売り場づくりにも携わります。商品開発部デザイナーは様々なシーンで、ファンの皆様に楽しんでいただける売り場づくりの企画開発も行います。
Job

商品開発部に所属する先輩社員のとある1日を覗いてみましょう!

商品開発部デザイン担当Aさんの場合

今日の午後は、商品用の描き下ろしイラストの打ち合わせを行う日。打ち合わせへ向けた準備を中心に進めよう!

始業

おはようございます!1日のスケジュールをしっかり考えて、今日も頑張ろう!

デザイン

商品のデザインをある程度固めるところからスタート。アイデアノートにデザイン案を描いていきます。

★デザインをする上でノートにアイデアラフを描いているスタッフが多いです。デザインデータは最終的にデジタルで作成しますが、アナログ作業も大切にしています。

資料作り

商品デザインのイメージが出来たので、それを元に打ち合わせ資料を作成。今回のコンセプトが伝わるように、文字や画像で情報をまとめます。

入稿作業

打ち合わせ資料は午前で完成!今日は、並行して取り組んでいた別商品の入稿日。データを最終チェックして、入稿作業を行います。

★いくつかの商品を担当し、並行して作業進行することも。日々のスケジュール管理と、物事を俯瞰して見る広い視野はとても大切です。

納品チェック

製造発注していた商品が納品されました!問題がないかしっかりとチェック。販売へ向けたPOPや陳列も計画していかなくちゃ!

★納品された商品はその時にチェックします。企画から納品、そして販売してお客様の手に届くまでが、私たちデザイナーの仕事です!

打ち合わせ

今日のメイン・描き下ろしイラストの打ち合わせです。イラストを担当するスタッフと、顔を合わせて打ち合わせを行います。作成した資料を元に、イラストと商品がより良いものになるよう、お互いに意見を出し合いながら方向を定めていきます。

★コンセプトは勿論ですが、どういった媒体の商品で使用するのか、完成までのイメージも共有します。打ち合わせ後も確認を取り合いながら、完成へ向けて進めていきます。

共有

イラストの打ち合わせ内容を、商品開発部のメンバーへ共有。無事、スケジュール通りに進行できそうです!

終業

明日からは今日の打ち合わせで出た意見を踏まえて、デザインを固めていこう!1日お疲れ様でした!

商品開発部デザイン担当Bさんの場合

原画集の企画・開発を進行中。仕様を固めつつ、他の商品の監修も進める1日にする予定!

始業

おはようございます!朝はお互いの顔を見てしっかりと挨拶することからスタート!

仕様を考える

午後の製造会社様との打ち合わせへ向けて、仕様を整えていく作業を進行。本のサイズ、ページ数、印刷、加工などについて考えていきます。

★商品はゼロから生み出していきます。どんなデザインが商品に合うのか、アイデアを生み出す作業は一番の苦労であり、楽しみでもあります。常にいろんなものにアンテナを張り、観察する目を持つことが大切です。

デザイン

仕様がイメージ出来たので、一部のデザインを作成してみます。思い描いた仕様に合うデザインが作れそう!これを元に、午後はしっかり打ち合わせできそうです。

デザイナー打ち合わせ

この日は商品開発部デザイナーでの打ち合わせの日。デザインの相談をしたり、困っていることがないかなど、各自の仕事状況の共有打ち合わせを行います。

★日々パソコンに向かっているだけではお互いの状況はなかなか掴みにくいものです。メンバー同士のコミュニケーションを取ることを大切にしています。

校正サンプルチェック

入稿していた商品の校正サンプルが到着。作品の色彩設計担当に色の監修をしていただきます。勿論、商品開発部のメンバーにも見てもらいます。

製造会社様打ち合わせ

午前に作成した資料を元に打ち合わせを行います。仕様を固めると共に、製造スケジュールについても相談。納品へ向けた日々のスケジュールも見えてきました!

素材選出

スケジュールが見えてきたので、早速素材選出の作業をスタート!掲載原画を選んでいきます。魅力的な原画を選ぶ作業はとても時間がかかります。制作スタッフが心を込めて描いた原画の中から、ファンの皆様に届けたいものをしっかり時間をかけて選んでいきます。

終業

あっという間の1日でした!明日も引き続き、素材選出作業を進めていきます!お疲れ様でした。