入塾から3ヶ月

アニメーター科講師の北之原です。

22期後期生は、卒業制作の作業中です。
自分で描いた絵コンテを、何処まで実現化できるのかのチャレンジです。

23期生は、飛び越える課題が終わりました。
スタートした時より良くなりました。
飛んで、着地するだけですが、最初は容易ではないです。
入塾から3ヶ月になるので、アニメーションの基本を考えられる時期になってきていると思います。

映像作品の表現は色々な形があるので、それぞれが求めていることに、結果を出していかなければなりません。
最適な答えを導き出す力と、形にする力、どちらの力も成長させて欲しいです。
人に伝えられるアニメーションは何かを考えながら、自分の世界を切り開いて行って欲しいです。


2015年6月講師ブログ