普段からの意識

美術・背景科講師の篠原です。
授業の中で絵をチェックしているとき、小手先の技術面の他に、そのものの構造について気になった箇所を指摘することがあります。
実在するものが違和感のあるように描かれていると、それが気になり上手い下手以前の問題になってしまいます。
構図や配色、線画の魅力なども大事ですが、“あるものをそれらしく描く”ということは絵に説得力を持たせる上で非常に重要であり、また想像以上に難しいことだと感じています。
普段よく目にしているものでも、いざ描いてみるとどこか違う、上手く描けない……というのは多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。
その度、あぁ知らなかったのだと気付いて一つずつでも覚えていく事、意識して目を向けていく事、そういった事が絵の上達に繋がっていく一つの方法なのかなと思います。
「食べているとき、寝ているとき以外は仕事をしているのと同じである。」と、入社したての頃に先輩から教わりました。捉えようによっては極端な話かもしれませんが、プロとしてやっていくならそれぐらいの意識を持って過ごすのが丁度良いと感じています。
塾生の今だからこそできる事を絞り出し、益々の上達に繋げていって欲しいと思います。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

現在取り組んでいるクリンナップ課題を通して考えた、課題に取り組む姿勢についてお話しさせて頂きます。

私はよくこのようなアドバイスをいただきます
「クリンナップも絵であること」
「ただ違和感をなくそうとしている」
などです。

頂いたアドバイスから、ただ線をなぞるのでは無く絵を描く、より良くする意識を持つこと(質感や立体などの意識)
作業的では無く楽しむこと、そうでないと良いものを作れないのだと思いました。

自分の目的を考え、細かい工夫よりそれ以外の大きな物の考え方を見直すべきだと課題を通して学びました。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

現在取り組んでいる課題は沢山ありますが、特に苦戦しているのが止まって走り出す、という動きの課題です。

私はそれまで、走るという基本の動きについては熟知しているつもりでした。

普段している日常的な動作は、普段から行っており描けて当然だと考えていたのです。

しかしいざ描いてみると、基本的な動きであればあるほど自分が普段から何も観察していないことを知り、愕然としました。

普段から観察より、自分でこうであるはずという先入観を先行させて見ていたこと、そして、良いアニメーションはそれでは永遠に生まれないことを、この数カ月かけてようやく学びました。

入塾してから、添削で自分の絵は粗いと何度も言われてきましたが、ようやくその意味と原因が解った気がして、落ち着いた反面、スタートラインどころかずっと後ろの方に吹き飛ばされた気がしています。

そこから挽回するべく、まずは自分の目を何よりも先に疑い、何が本当なのか見極める力を養わなければならないと感じました。

同時に、今まで軽んじていたクロッキーやデッサン等、基礎訓練の重要さに気付きました。今まではこれくらい出来る。と思考停止していたものが、このままではいけないとしっかり向き合えるようになってきて、先の長さばかり憂う反面、そういった鍛錬の楽しさを今一度噛みしめられるようになってきて嬉しく思います。

いつか必ず描けるようになる、という決意の元、これから少しずつ挽回していきたいです。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【アニメーションドゥウ アニメーター科 第29期前期生】

「立ち止まる、走り出す」の作画課題に取り組むうえで学んだことについてお話させていただきます。

私がこの課題を通して感じていることは、「自然な動きを描く難しさ」です。

違和感のない動きを描くには、様々な事柄に意識を向ける必要があります。
「アニメーターは絵描きであると同時に『演出家、カメラマン、演者』でなければならない」という言葉の重さを痛感する中、今の私に圧倒的に足りていないと感じるのは、「画力」です。

いくら描きたい理想の動きを追求していたとしても、それを正しく、柔らかい線で表現する技術が伴っていなければ、硬く、不自然な動きに見えてしまうということをこの課題を通して学んでおります。

骨格を正しく描けないことはアニメーターにとって致命傷でしかない、そのことを念頭において、毎日目標を掲げ、課題や自習に取り組んでいます。
思うように表現できなくて悩むこともありますが、それでも描き続けたいと思えるのは、講師の皆様のアニメーションに対する熱意に、日々感銘を受けているからです。

描くことの楽しさはもちろん、丁寧に添削してくださる講師の方々への感謝の気持ちを忘れず、毎日自分の「本気」を更新し続けます。