良い動きを描く為

アニメーター科講師の松村です。
半年以上、「動画」の授業を行ってきました。
現在、塾生の皆さんは卒業制作を制作中です。

私は、「良い動きを描く為には何が必要か」と考えた事が有ります。
そして、それは「興味」ではないかと思いました。
動きの研究は自分で動いてみたり参考になりそうな動画を観察して理解を深めたりと様々ですが、「興味」からの研究は「ワクワク感!」が違います。モチベーションも上がり集中力も増します。
不意に、何気ない自分の動作や見た光景に「興味」を掻き立てられることも有り、それも自分の糧とするチャンスです。
そのため、私は日々何気ないことに「興味」を持つようにしています。

そして、塾生からも授業を通じて「興味」「ワクワク感」が凄く伝わってきます。集大成となる卒業制作の完成がとても楽しみです。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

私は現在、課題で卒業制作に取り組んでいます。私は今まで映像作品を作成したことがありません。そのため、これがはじめてのアニメ制作となり、どんな風に作ろうかと、ワクワクとドキドキでいっぱいの日々をおくっています。

卒業制作では、1本の短編オリジナルアニメーションを作ります。今行っているのは、その1本の構成を決める絵コンテの作成です。
映像を紙という動くことのない媒体で表現・計画していくことは予想以上にとても大変な作業でした。たとえば、消えるという表現にもどこから現れてどの位置で消えるのか、ぱっと消えるのか、はたまたスゥーっと消えるのか。など色々な消えるが映像では可能です。

講師の方々からここはどういう風に作っていくの?と聞かれる度に、そうかここまで考えておかないといけないのか。と、連続性のある映像という表現の難しさと楽しさを実感しています。仕事に入れば、全員がこの絵コンテを見て完成映像を想像し、作業をすることになります。この絵コンテがどれだけ他者に伝わりやすく描けるかがとても大事なのだなと実感しました。

今はまだ始まったばかりの卒業制作ですが、悔いのない作品を生み出せるように、完成まで走り抜きたいと思います。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

現在レイアウトから原画までを描く課題に取り組んでいます。平行して、卒業制作のための絵コンテ作成も行っています。そこから学んだことは、ただ絵コンテに描いてある絵をそのままレイアウトに起こすのではなく、絵コンテを道標としてその作品の事を考え描くということです。絵コンテにすべてが完璧に描かれているというわけではない。と、絵コンテを作成していて強く思いました。

動きの授業では、重いものを拾って投げるという複合課題をやっています。私はその課題で講師から段取りくさくなってしまっていると言われました。拾う、投げるそれぞれの動きが良くてもそれらに連続性がないと自然なものにはなりません。それぞれ違う動作ではあるがひとつの動きであるということを再確認しました。

視野広く落ち着いて冷静に、情熱は熱くこれからも取り組んでいきたいと思います。