パース

アニメーター科講師の秋竹です。

本年度の授業ではパースについての授業を行い、今現在は
レイアウトを描くといった課題に取り組んでもらっています。

パースは、平面の紙の上に立体的な空間を描くための基本的な
技法ですが、慣れるまでは理解が難しいものです。
さらにレイアウトを描くとなると、パースは描けるのが前提になるので いち早く理解しておかないと、先に進めなくなってしまいます。

もちろん直ぐに習得できるほど簡単ではないので、足りないものを日々 補いつつ、塾生には取り組んでもらっています。

ひとつずつ身に着け、描きたいイメージを実現できるよう
成長していってもらえればと思います。