【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

私は現在、課題で卒業制作に取り組んでいます。私は今まで映像作品を作成したことがありません。そのため、これがはじめてのアニメ制作となり、どんな風に作ろうかと、ワクワクとドキドキでいっぱいの日々をおくっています。

卒業制作では、1本の短編オリジナルアニメーションを作ります。今行っているのは、その1本の構成を決める絵コンテの作成です。
映像を紙という動くことのない媒体で表現・計画していくことは予想以上にとても大変な作業でした。たとえば、消えるという表現にもどこから現れてどの位置で消えるのか、ぱっと消えるのか、はたまたスゥーっと消えるのか。など色々な消えるが映像では可能です。

講師の方々からここはどういう風に作っていくの?と聞かれる度に、そうかここまで考えておかないといけないのか。と、連続性のある映像という表現の難しさと楽しさを実感しています。仕事に入れば、全員がこの絵コンテを見て完成映像を想像し、作業をすることになります。この絵コンテがどれだけ他者に伝わりやすく描けるかがとても大事なのだなと実感しました。

今はまだ始まったばかりの卒業制作ですが、悔いのない作品を生み出せるように、完成まで走り抜きたいと思います。