【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

自分は今まで、アニメを完成させたことがありませんでした。

自主制作アニメを作ろうとしたときはありましたが、いつも最終的には終わらず、完成させたことのある作品が極端に少ないことがコンプレックスでした。

講師の方にも、「まず完成させてみよう」とよく言われます。

なので今回の卒業制作のテーマは、ひとえに「完成するもの」とし、そこから自分の実力と相談しながらやれる範囲の、しかし自分のやりたいことにも嘘をつかないものを模索し続け、先日ようやく絵コンテがあがりました。

その甲斐あって、絵コンテの中身は自分の描きたいシーンや描きやすい角度の顔などが多く無理のない内容になっていて、実制作に入ってもレイアウト作業などは比較的楽しく進められました。

ただそれでもスケジュール的には未だギリギリのラインをさまよっています。

どこまでやれるかわかりませんが、最後まで手を抜くことだけはしないようやり切りたいです。