【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

私が現在取り組んでいる課題は、卒業制作です。塾生として一年間取り組んできたことの集大成として、個々人が思い思いにストーリーを構成し、絵コンテ、作画を全て一人で行っています。卒業制作が始まったのはちょうど一ヶ月前程で、今は主にレイアウトからいよいよ作画作業に入っています。

どのセクションの作業をしていても思いますが、作品を形にする過程は終始試行錯誤の連続です。ああでもないこうでもないと思考の沼に嵌ることもありますが、『伝えたいこと・表現したいことがアニメーション作品として形になっているか』を第一に、一年間自分のやってきたこと、講師の方々に教わったこと、そして今の自分を信じて前へ進むのみです!

・・・とはいうものの、卒業制作では作品延いては自分自身と向き合う時間が増える分、悪い意味で手元ばかりに意識が集中し、その所為で本質を見失いそうになることもしばしばあります。加えてスケジュールとの兼ね合いや進捗状況などの不安要素も重なると頭の中がパニックに陥ってしまいます。そんな時はふと自分の周囲を見渡してみたり、過去の授業課題やストックしてきたものたちに目を向けてみたりと、一旦肩の力を抜いて冷静になることも大事なのかなと思います。

あとは、自分の愛を最大限その作品に注ぎ込むだけです。

作画技術面における一つ一つの粗は引き続き改善しつつ、しかし作品制作を楽しみながら苦しみながら、まずは目の前の作業に全力投球で、一歩ずつ着実に作品の完成まで邁進していきたいと思います。