【塾生】入塾から2ヶ月過ぎて感じていること

【アニメーター科 第28期後期生】
この2ヶ月は常に自らで考え、気づき、導き出すことの連続で、今、自分が身につけるべきはその感覚、そしてそれに必要な力を養うことだと痛感しています。授業で投げかけられる講師の方々からの問いを咀嚼し、自らに落とし込むことで、描くこと、見ることへの意識の変化も生まれたように思います。手探りながらも自分の確かな実感を積み重ね、そしてそれがアニメーションとしてのリアリティに繋がるように日々奮闘しています。学びの中で、線一本ですら描くことに難しさを感じますが、またその一方で絵作りの楽しさも深く感じるようになりました。

 

【美術・背景科 第28期後期生】
この2ヶ月間はあっと言う間にすぎました。すでに、思い返すときりがないくらい多くの事をご教授頂きました。その中で私が1番大事だと感じたことは何事にも疑問を持つ事です。光源の位置、絵の具に含ませる水分量など今まで自分では意識していなかった部分を理解して自分の絵に反映させていくことが作品のクオリティアップに繋がり、より良いものが出来ていくのかなと思います。描く力は勿論ですが見る力、考える力も同時に身につけていきたいです。