日常芝居について

初めまして。アニメーター科講師の浦田です。
今回からプロ養成塾のブログに参加させていただきます。
よろしくお願いします。

今は”立ち上がる”動きをテーマに授業を行っています。
“立ち上がる”等のいわゆる日常芝居には、その動きが自然に見えて当たり前という難しさがあります。
ふだん我々が日常生活で目にする見慣れた動作であるがゆえに、アニメーション作品の中で不自然な”立ち上がる”が存在すると、視聴者の注意がその動きに向いてしまって肝心の物語に集中できないなんて事があってもおかしくないです。日常の動作を自然に描く事は、作画の中でも重要なテーマの一つなのです。

されども最初から自然に描けるほど、日常芝居の作画は簡単ではありません。塾生には何度も何度も、自然な動きが出来るまで描き直してもらっています。
失敗して考えて、新たな描き方を試して…
自然な”立ち上がる”が描けるまでトライアンドエラーです。