【塾生】課題から自分の成長を感じたこと

【アニメーター科 第28期後期生】
成長が実感として持てたのは、以前の自分が何ができていなかったのか目に見えて分かった時でした。
同じ課題を日を跨いで描き上げた時、明らかにアニメーションに近づけたという感触を持ちました。かかった時間を考えれば、まだまだ本当に小さな一歩ですが、その感覚を忘れず日々描くこと、考えることを諦めず続けたいです。

【美術・背景科 第28期後期生】
純粋に、描く力が成長したと感じています。
パースの正しい取り方やアイレベルの正しい使い方、線の引き方、今までの自分が勘違いして描いていた部分を修正して、前よりも一段と絵が描き進めやすくなりました。
完成した絵を講師に見て頂くと自分の眼では気付けなかった絵の狂いを瞬時に見つけて下さるので、ブラッシュアップの速度が速い気がします。

心理的な成長を言うと、絵に対する心構えが大きく変わりました。 今までみたいに自分の好きな絵をなんとなくお絵描きしているだけ、ではいけません。プロとして働く力をつける為にしっかりとしたリアリティのある絵を描けるようにならねばいけないんだという気持ちが生まれました。

より良い作品を作るにあたり、筆を運ぶ全ての動作に”責任をのせる覚悟”を持って絵を描いていきます。