第4562ばか

梅雨☆八木?

どうも。なにげに今月、アニバカ2回目の八木でございます。

ようやく梅雨入りしたそうですね。 
『ようやく』の後に『梅雨明け』ではなく『梅雨入り』と言葉が続くのも珍しいものです。

中二病のくみん先輩の苗字は「五月七日」と書いて梅雨入りの意味の「つゆり」だそうですが
旧暦の「五月七日」は現代の「六月九日」なので、それでも2週間以上遅い梅雨入りですね。
……梅雨入りを考える際、一旦くみん先輩を経由してしまうのはきっと職業病なのでしょう。

実はここ最近、この不安定な天気とウチの赤ん坊の泣き声のご近所迷惑を気にしていることもあり
自宅ではエアコン中心の生活を送っていました。
「この時期だから仕方ないか」と思いながらも、なんとなく気分が晴れませんでした。

ですが先週末、特に暑くもなく、雨が降るほどでもない、程々のくもり空だったので
思い切ってエアコンを切り、窓を全開にしてお昼寝をしてみました。
エアコンからは感じられない新鮮な空気とともに
遠くで飛ぶ小鳥の声や、ご近所さんの散歩の足音、虫の羽音、車が通り過ぎる音など
雑音といえば雑音なのですが、それがなんとも言えず落ち着いて、本当に久しぶりの良い睡眠が摂れました。

気温もこれからどんどん上がっていくので難しいかもしれませんが(特に京都の場合は)
機会をうかがって、積極的に換気していきたいですね。

以上、八木でございました。

第4544ばか

終わらせない☆八木?

実は個人的にとても楽しみにしていた、プロペラ機による競技大会『エアレース』なのですが

今年の9月にシリーズ途中にも関わらず、大会そのものが今回で終了するという寂しいニュースに落ち込んでいます。

昨年、偶然テレビで見て、初見でも分かり易く、ドラマチックでカッコいい『エアレース』に魅了されたのですが

ハマって早々に終了という、何ともやるせない気分になっています。

終わってしまう前に知ることが出来たことだけでも、幸せなのかもしれませんね。

 

さて、そんな中『響け!ユーフォニアム』久美子3年生編の制作決定のお知らせがアナウンスされましたね。

なんだかんだで、演奏シーンの作画はやりがいがあって大好きな仕事の一つなので

個人的にも嬉しいニュースとなりました。

 

とまあ、なんだか気持ちのアップダウンが激しい週末となりましたが

『エアレース』の方も、こんな風にまたいつか再開が発表されることを願っております。

 

 

第4525ばか

心機一転☆八木?

どうも。改元後、そしてゴールデンウィーク後
初アニバカを飾ります。八木でございます。

このゴールデンウィークという言葉自体、元々映画業界で使われていた言葉
だったそうで、『誓いのフィナーレ』を観に行くには絶好の機会だったのでは
ないでしょうか? まだの方もぜひぜひお近くの劇場まで足を運んで頂きたいです。

さて、まるで年末年始のような装いの連休でしたが
『令和』には少し慣れてきましたか?
自分は職務表に1度書いたっきり。理解はしてても、まだ体が慣れてませんね。

『平成』の元号発表の時、家族みんなで14型のブラウン管を囲んで
そのニュースを見ていたのを思い出していたのですが
自分より1~2才下の後輩は、もう『平成』への改元時の記憶はないそうで……。

というか『14型』の『ブラウン管』って、時代を感じますよね。
きっといつか「『令和』の発表を『スマホ』で見てた」と話しても
ポカーンとされてしまうんでしょうね。

その時には一体何が当たり前になっているのでしょうか……。
これからが楽しみですね。

第4506ばか

出会いと別れ☆八木?

どうも、八木でございます。

自分は京阪宇治線で毎日通勤していますが、4月から車両のヘッドマークが

誓いのフィナーレ仕様になっていて、もう公開になるのかと

月日が経つ早さを実感している今日この頃です。

 

そう、4月は出会いの季節ではありますが、別れの季節でもあります。

個人的に非常に寂しい別れが先日ありました……。

 

『某カップ焼きそば3月末で生産終了』のニュースです。

一人暮らしを始めた学生時代、学食であれを食べるのが大好きでした。

就職してからも時々食べては、あの頃を思い出していましたが……

 

もう食べられないのかと思うと、とても切ないです。

これが時代が変わっていくという事なのでしょうか。

新元号発表を経て、何となく自分もそんなモードに入っているのかもしれません。

 

でも、きっとまた新しい時代に、新しい出会い(カップ焼きそば)があることでしょう!

次の時代と劇場版ユーフォニアムに高まる希望を込めて!

それではまた!!

第4487ばか

付録☆八木?

今朝、今年初のウグイスを聞きました八木でございます。

先日、何気なく立ち寄った書店で幼児向けの雑誌を見つけたので
娘におみやげで買って帰りました。

雑誌には厚紙で作る付録がたくさん入っていたので、一緒に作って遊んでいたのですが
そういえばこういう雑誌の付録って、子供のころ大好きだったなぁ……なんて思い出していました。

プラモデルを組み立てるような楽しさと、それで遊べるという面白さがありますよね。
幼い頃に作った野球盤の付録がお気に入りで、壊れるまでよく遊んでいました。

いつの間にか付録付きの雑誌を買わなくなっていって、遠ざかっていましたが
大人になって作ってみて、やっぱり楽しいなぁと感じます。

幼い自分には難しくて作れなかった付録も含めて
まとめて売ってたら、ぜひ買ってみたいですね。

自分以外に需要があるか分かりませんが(笑)