第4490ばか

協力磁石☆芳藏

100円ショップなどで売っている磁石を仕事に使ってます。
最近の作画は設定が細かく多様で、一枚の絵を描くのに沢山の資料を確認しないと描けないものも少なくなく苦労するのですが
強力磁石を机の棚に張り付けておけば、設定等をクリップのまま机に脱着出来て便利!
多数の資料と格闘するタイプの仕事にお勧めです。

第4471ばか

レイアウト☆芳藏

原画の仕事で、頑張ろうって思えるシーンに出会って

全力を尽くして描いたレイアウトが、演出さん作監さんを通して

自分の手に戻ってきた時、さらに良い物になっていてモチベーションが上がります。

特に映画のレイアウトともなると、キャラクターの作監修正が僕のイメージの及びもつかない高みで、感動すら覚えることもしばしばです。

そんな絵のキャッチボールが出来ている時、アニメーションの仕事は面白いと感じます。

第4451ばか

車窓から☆芳蔵

年末年始に実家に帰るとき、ぼーっと車窓に流れる風景を眺めます。

民家やビル、遠くの工場、山々等の風景が流れていくのをみて

どこでBOOK分けしようかな、BOOKを分けすぎるのも良くないな。引きスピードはどれくらいかな?とか考えてしまいます。

(BOOKとはセルや背景とは別に、手前にある木や建物などを背景描きした物です。)

アニメーターあるある的な話ですが、そういう積み重ねが仕事に生かされればと思います。

第4432ばか

話題の音楽映画☆芳藏

最近見た映画「ボヘミアン・ラプソディー」に感動しまして、

家でもサウンドトラックを聴きまくってます。

そう僕は今さながら、すっかりクウィーンとフレディーマーキュリーのファンになってしまいました。
ラストのライブエイドのシーンは圧倒的で、曲が進むたびに涙腺が崩壊していきます。

フレディーマーキュリーはすでに亡くなっているので、ライブもないし新曲も聴けないしどうしよう…
なるほどこの映画、リピーターが多いのも納得です。

第4412ばか

一番好きな季節なのに…@芳蔵

なが~い夏がやっと終わってすっかり秋になりました。

僕は秋が一番好きな季節です。涼しいし、食べ物は美味しいし

湿気もないので、窓を開けて過ごせるので快適です。

 

特に、今年の夏は暑かった!

京都では毎日40度くらいの日が続き、エアコンを欠かした日はありませんでした。

10月に入っても大きな台風が来て、なかなか夏が終わることはありませんでした。

そして気付いてしまったのです…。

 

だいたい7月から10月が今年の夏のイメージですね。

12月から3月までが冬。春は4月から6月ですか。

…僕の好きな秋が1か月しかない!!!

 

今朝などは寒かったのでもう冬も近い。もしかしたら1か月も無いかもしれません。