ヴァイオレット・エヴァーガーデンの放送が始まりました。

普段は日本が舞台の作品が多いのですが、この作品は少し昔のヨーロッパを参考に描かれています。

タイプライター等の道具や、自動車や艦船などの乗り物も今と違ったデザインで面白いです。

町ゆく人々の服装や荷物なども、普段描きなれた日本の風景とは違います。

レイアウト作業では当時のヨーロッパの雰囲気を出せるように、資料と睨めっこしてがんばっています。

僕はヨーロッパには行ったことないですが、いつか旅行してみたいですね。

 

 

第4194ばか

先日、伊勢に旅行しました。

関西に住んでいながら、初めてのお伊勢参りです。

伊勢神宮は内宮と外宮があって、巡るとそれぞれ90分くらいかかる大きい神社です。

内宮は天照大御神をお祀りしていることで有名です。

式年遷宮といって20年に一度、社を新しく立て替えてお移りいただく行事があって、 巨大な社の隣に同じ大きさの敷地が広がっていたのが印象的でした。

静かな森の中にあって、落ち着いた時間を過ごせた気がします。

DSCF1426

 

お伊勢参りの後は定番の夫婦岩の観光。

夫婦岩のある二見興玉神社の参道にはなぜか蛙の像がたくさんありました。

蛙をお祀りしているのでしょうか(笑)

DSC_0831

 

 

DSC_0846

 

近鉄特急「しまかぜ」ゆったりと帰路に。

この特急、3列シートで今人気の列車なんですよ。

DSC_0826

第4174ばか

お伊勢参り☆芳蔵

先日、伊勢に旅行しました。
生まれてこの方関西に住んでいますが、初めてのお伊勢参りです。
港町への旅行はいつでも心が踊ります。
伊勢といえば有名な鳥羽水族館です。
この水族館はとにかく魚の数が多い。全部見て回ると半日くらいかかってしまいます。
一眼レフで夢中になって魚を撮っていました。
水族館で魚を観察した後は、新鮮な魚介類のバーベキュー。
伊勢神宮に参拝する前に、すっかり伊勢を堪能してしまいました。

DSC_0271

DSC_0568

DSC_0311 (2)

DSC_0807

 

第4155ばか

老眼鏡☆芳蔵

本当は気づいていたんです。

普通に本は読めるしスマホも操れるし、僕はきっとまだ大丈夫なんだと。

設定も絵コンテも普通に読めてるから大丈夫なんだと。

 

しかし年々精密になっていくキャラクターの描写。楽器の作画等はもうミクロン単位といっても過言ではない昨今。

とうとうデビューしてしまいました、老眼鏡です。

といっても、もともとド近眼の私の老眼鏡は、ただの度の弱い普通のメガネなのです不思議ですが。

簡単にいえばオートフォーカスだった眼が、マニュアルのオールドレンズになったということか。少し違うか。

まあおかげでどんな精密な描写も、レンズ交換でストレスなく描けるようになってホッとしています。

 

ただし、新聞や単行本を読んだりはまだ普通にできますから、日常生活は老眼鏡なしでもまだまだ大丈夫ですから!

寄る年波への抵抗は続けていこうと思います。

 

そんなミクロン単位の描写の作画も展示されます。

10月28、29日に京都のみやこめっせで開催される当社イベントにて是非ご覧になって下さい。

 

 

 

 

 

第4135ばか

路面電車@芳蔵

長崎旅行記のつづきです。

長崎市内の移動手段といえば路面電車が便利です。

120円の運賃で、長崎の観光地をくまなく巡ることが出来ます。

色とりどりの車両があって、レトロな雰囲気がいいです。

長崎の街に似合いますね。

DSC_0252

 

DSC_0587

路面電車でグラバー邸や亀山社中など、明治維新の文化遺産をめぐりました。

眼鏡橋は本当にメガネの姿に見えるんですね。

DSC_0939

丘に登れば龍馬さんの銅像が長崎の港を望んでいます。

DSC_0028

そして最後に路面電車で平和公園を訪れました。

軍艦島、長崎港、護衛艦、明治維新、路面電車、平和公園と数えきれない魅力の長崎。

機会があれば再び訪れたいと思います。