第4274ばか

表現力☆芳蔵

最近、原画の表現力に関して考えることが多くなりました。
当たり前のことですが、同じ内容の演技でも担当する原画スタッフの実力によって、大なり小なり変わります。
表現力の高い原画は、何気ないしぐさのカットでも観客の印象に残って、作品をより良くしていくものです。
劇場作品となれば尚更、そのために日々感性を磨いていかなくてはなりません。
「リズと青い鳥」今週土曜日より公開です、よろしくお願い致します。

第4254ばか

呉から広島へ☆芳蔵

呉観光の最後は博物館めぐりです。

有名な大和ミュージアムは呉市海事歴史科学館とも言って、 呉の街が海軍工廠を迎えて造船の街に発展し、世界最大の戦艦を造るまでに至った歴史を知ることのできる博物館です。

DSC_0144

ミュージアムの向かいには鉄のクジラ博物館があって、巨大な潜水艦(本物)が迎えてくれます。

DSC_0187

旅の終わりは平和公園です。 原爆ドームを訪れるたびに、平和について考える機会を持つことが出来ます。 考えてみれば原爆投下の廃墟から、原爆ドームを当時のまま伝えることがいかに大変な事業かが 分かります。 平和公園は海外からの観光客が多くて、さまざまな人種が行き交う様子こそ、平和の象徴なのだと感じました。

DSC_0276

第4234ばか

戦艦大和のふるさと☆芳蔵

先日、広島の呉に旅行してきました。
呉の港は、戦艦大和を建造した呉海軍工廠があったことで有名です。

DSC_0118_00001のコピー

大和を造ったドックは、今でも民間の大型船を組み立てる現役の工廠です。
訪れた時はちょうど護衛艦が整備中で、いい写真が撮れました。

DSC_0296_00001のコピー

遊覧船で呉の港を巡ると、建造中の2隻の大型タンカーが居て圧巻でした。
この姉妹艦はうまく工期の計画を立てて、効率的に同時に建造しているらしいです。

DSC_0065_00001_00001のコピー

呉には海上自衛隊の基地があって、たくさんの護衛艦が停泊していました。
潜水艦が海上で、タービンを回して蓄電している姿を写真に収めることが出来ました。

DSC_0028_00001のコピー

最新のヘリコプター搭載護衛艦「かが」が居て、すごい存在感でした。
「かが」はグッズとかも並んでいたり、観光資源にもなっているようでした。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの放送が始まりました。

普段は日本が舞台の作品が多いのですが、この作品は少し昔のヨーロッパを参考に描かれています。

タイプライター等の道具や、自動車や艦船などの乗り物も今と違ったデザインで面白いです。

町ゆく人々の服装や荷物なども、普段描きなれた日本の風景とは違います。

レイアウト作業では当時のヨーロッパの雰囲気を出せるように、資料と睨めっこしてがんばっています。

僕はヨーロッパには行ったことないですが、いつか旅行してみたいですね。

 

 

第4194ばか

先日、伊勢に旅行しました。

関西に住んでいながら、初めてのお伊勢参りです。

伊勢神宮は内宮と外宮があって、巡るとそれぞれ90分くらいかかる大きい神社です。

内宮は天照大御神をお祀りしていることで有名です。

式年遷宮といって20年に一度、社を新しく立て替えてお移りいただく行事があって、 巨大な社の隣に同じ大きさの敷地が広がっていたのが印象的でした。

静かな森の中にあって、落ち着いた時間を過ごせた気がします。

DSCF1426

 

お伊勢参りの後は定番の夫婦岩の観光。

夫婦岩のある二見興玉神社の参道にはなぜか蛙の像がたくさんありました。

蛙をお祀りしているのでしょうか(笑)

DSC_0831

 

 

DSC_0846

 

近鉄特急「しまかぜ」ゆったりと帰路に。

この特急、3列シートで今人気の列車なんですよ。

DSC_0826