第4078ばか

なぜかシベリア☆石原

無性にシベリアが食べたくなりました。
スポンジにアンコを挟んだような菓子です。

しかし関西ではあまり無いお菓子らしいのです。

カステラで我慢しようかと思ってふと横を見ると
チューブ入りのアンコが売っているではありませんか!
今の世の中なんでもありますねぇ。

「無いのなら作ってしまえば良いんじゃない」

という訳で、カステラでアンコを挟んで
シベリアを自作。(写真)
なんとなくそれっぽい?
baka20170701

んー、実物をよく見るとアンコ部分がもっと分厚いけれど…
カステラだけで充分甘いので、このくらいで勘弁して下さい。

第4058ばか

カロリーが気になるお年頃☆石原

石原です。

某国民的人気スナック菓子が西日本でのみ売られることになる
というニュースに僕もビックリ。
当たり前にあるものだと思ってましたから。

僕ら50代のオジサンたちはジャンクフード世代であるわけで
インスタントラーメンとかファストフードのハンバーガーとか大好き!
(アニメとかゲームも!)
もちろんこのスナック菓子も大好きだ!
僕らが子供の頃に新発売だったお菓子とかインスタントラーメンって
多いんですよ。日本の経済成長時期だったんですね。

幼いころから常に傍にある存在と言って過言ではなく、
だから今回のニュースはすごーくショックなわけです。
…な、の、で、す、が、如何せんカロリーが高く、
食べたくても、そんなに沢山食べられなくなってきたというのも本音。

オヤツは(カロリー消費の高い)子供のモノという意味を
身に染みて感じる今日この頃…。
でも食べますよ!これ書いてたらまた食べたくなってきたー!

☆☆☆☆

はてさて、今年もやってきました。宇治の県祭りが6月5日。
例年だと梅雨に入っている時期なので天気の悪い事が多いですが、
今年はそれほど崩れることはなさそうです。

そして前日の6月4日(明後日の日曜です)
宇治で「ユーフォニアム」のイベントです!
楽しみです!

前回はお休みをもらっていて書けませんでした。
ですので二か月ぶりです。
石原です。

その休みにちょっとした旅行に行ってきました。
子供の頃住んでいた千葉県です。
生まれは京都ですが、
父の転勤で小学校低学年頃
千葉に住んでいたことがあるのです。
物心ついたときにはそこだったので
思い入れの深い場所なのです。

まあ40年くらい前の事なのですっかり変わっていましたが
所々に記憶のまま残っている部分などありまして面白かったです。
小学校や交番の場所は変わっていませんでしたが、
スーパーが無くなっていたり。

ネットのマップで分かってはいたのですが。
住んでいた団地が跡形も無くなっているのに驚きました。
それに近所の池が柵で囲まれて
子供が遊べないようになっていたのは
楽しい思い出の場所だったのでショックでした。

こうやって、そこそこ長く生きてみると
町の変化は案外速いものだと分かります。
子供の頃は町なんて ずっと変わらずにあるものだと思っていましたが
一世代、つまり30年とか40年くらいで変わってしまうみたいです。
自分だけが取り残されていくようで少し寂しいものでございます。

第4000ばか

ますます猿が出る☆石原

三寒四温。もうすぐ春です。
石原です。

以前故郷で野生の猿を見た、という話をここで書いたと思います。
田舎育ちの僕ですが、
「現代の日本に猿がいるのか?」くらいの認識でしたので
まぁビックリしたわけですが
先日母に聞いた話では、
近頃ますます猿が見られるようになったらしいのです

父が牡丹の種を乾かすためにナイロン袋に入れて
庭にぶら下げておいたらしいのですが
それを狙っていたり

道路わきの藪を20匹くらいの群れで歩いていたり

近所のお宅では
誰もいないはずの部屋に人の気配がするので見てみると
猿がお仏壇のミカンとバナナを抱えていたのだそうです。
家に侵入してくるのですよ。

人間に出会って逃げるどころか
威嚇してくることもあるそうで
知能が高いだけに怖いですね。

以前は「人間が野生動物たちの生活圏に進出しているから、よく見かけるのだ」
というような理由が一般的だったように思いますが
うちの田舎はどんどん人口が減っていまして
今の日本においてはむしろ、
人間の生活圏が狭まってきているのではないでしょうか?

都会に住んでいる人は実感できないと思いますが、
田舎に帰ると人がいない。町がどんどん小さくなっているように感じます。
それで野生動物がまた戻ってきているのではないか?と
僕は考えているのですが、
どうなんでしょう。

第3980ばか

京都っぽさ☆石原

正月のことを書こうかなと思ったら
すでに今年二回目のアニバカでした。
時間の経つのは早いですね。とほほ。石原です。

一月は雪がよく降りました。
積もった日に金閣寺に行ったのですが、
まあ人が多かったのなんの。

嵐山線に乗って行きましたが
あの辺りは京都っぽい風情があって良いですね。
土地勘の無い他府県の方のために説明すると
そのまま終点まで行けば「嵐山」へ、
乗り換えて金閣寺方面に向かうと「京都撮影所」や「仁和寺」辺りを通る路線です。
「こんな感じが京都だよなー」と思いました。

「京都に住んでいる」というのであれば
やっぱりこういった所に住んでみたいものであります。

僕が住んでいる辺りは
日本の人口が爆発的に増えつつあった1970年代ぐらいに
バーッと住宅地になったような場所なので
他の地方都市とそんなに変わらないと思います。
あまり「京都」っぽくないです。

そういえば、うちの会社の最寄駅であるJR奈良線 木幡駅の駅舎が
現在の大阪城(天守閣)よりも古いという事実…!
1896年(明治29年)奈良線開業時の木造駅舎なのだそうですよ。
僕が会社に入ってしばらくした頃に
塗り替えはされましたけどね。
丸ポストもあったんだけどなぁ。
まぁ、そんなに京都っぽくはないですが。