第4378ばか

吹部紹介☆クリス

こんにちは!クリスです!!
過ごしやすい季節に落ち着いたみたいですね。すぐに厳しい残暑がぶり返すかと思っていたので少し拍子抜けです・・・。秋です!定期演奏会の季節ですね!!!

「ユーフォ」としては部員紹介

http://www.kyotoanimation.co.jp/shop/kitaujisuibu/

(現在売り切れ中につき、ご迷惑をおかけします・・・)が先週末京アニショップで公開されています!80人分の、新入部員を含めた今年の北宇治吹部が全員グッズ化されるという企画です!
キャラクターデザイナーとしては感無量です(笑)

ブロードウェーやヨーロッパでは、初物のミュージカルの観劇を十二分に満喫するためには、事前にその音楽を聴きつくしてから劇場に赴くそうです。
私も何作かそのような観方をしたことがありますが、CDで聞いていた世界観が舞台上で繰り広げられる様はいつも圧巻です。クリスは断然予習推進派なのです♪

今回「誓いのフィナーレ」では新作として楽しみにしてもらえる部分と、「リズと青い鳥」という名曲を2年生になった久美子たちがどうものにしていくのかの過程とその成長、
さらに、新しく登場するたくさんに新入部員をも見逃さず隅々まで楽しんでいただきたいと思いを込めて描きおろしています。


仕事的には現在クリスとしてはすっごく久しぶりに正面から原画作業中。この数年一枚絵ばかり描いてるので動かすのはやっぱりわくわくします☆
もう、すぐに終わらせなければならないのでさみしい・・・。アニメの仕事はいつもほんとにスピードが命です^^

第4358ばか

涼しくても30度☆クリス

こんにちは!クリスです☆

今日はおどろくべき涼しさです!昨日は日差しには当たれない熱さがあったのですが、今日はひなたでもどこからか涼しい風が吹いています。まるで海沿いのように気温に不似合いな風です。
どこから吹いているのか、昼休みに自転車に乗りながらとても気になりました。
今年は尋常じゃない暑さでしたね。あの大雨からの日照り続きと今日の涼しさを鑑みると、昨日ようやく予報どおりに訪れた夕立による打ち水効果が結構バカにできないものなのではないかと推察しています。
と思ったら北海道では初雪!?冬が怖いです・・・ね!

こちらでは小学校の夏休みも残すところ10日です。我が家の小1の坊はこの数カ月でめきめき将棋の腕をあげていて、毎晩相手をさせられるのですが正直もういやです・・・。
毎晩こてんぱんです。
はあ、波乱に満ちた平成最後の夏だったなぁ。。

第4338ばか

泳ごう☆クリス

ほんっと~に暑いですね。先週からスタジオの屋上散水について最適なラインをマネージャー陣と模索中のクリスです。こんにちは☆
この猛暑の中、被災された方たちの暮らしがとても心配です。
どうぞご自愛いただきますように・・・!

さて「Free!-DF-」ご覧いただいていますか?
大学生になった遙たちが、今までの仲間と再び巡り会って青春を共に過ごすこのDFには
クリスも1話からビリビリさせられています!子ども時代から大人になるまでを描いて見守れるなんてほんと贅沢だなぁと毎話わくわくさせられます!

ジョージ・ウノグチ(J・U)が長らく海やプールで泳いでいませんとおっしゃていましたが、クリスは子どもができてからは毎年海やプールで遊ぶようになりました。
でも、大人になると機会がないだろうな~と高校時代最後のプール授業では名残を惜しんだ記憶があります。みなさんもかけがえのない今年の夏、しっかりと満喫してくださいね☆

第4318ばか

誓いのセネガル戦へ★クリス

ワールドカップ やはり勝利の力はすごいですね!
月曜日の地震から続く緊張で落ち気味だったメンタルが少しリフレッシュできました!
京アニ・Doスタッフは翌日には通常勤務に戻って鋭意制作に励んでおります。
ご心配いただいたみなさま、ありがとうございます!!

さて、久しぶりに高レベルのサッカーを見ていると、プレーの隅々が紳士的で、厳しいルールによって洗練されているスポーツだなと気付かされます。
トップレベルの最高峰で戦う選手たちというのはやはり次元がちがうなと思いました。
と同時に現実の、リアルタイムで描かれる世界中が見守る物語のなんと尊いこと。
感情が揺さぶられて全身全霊で一喜一憂するこのお祭りに際し、架空の物語を作る私たちはもっともっと情熱をつぎ込んでより本物の高揚感を描いていきたいなと思わされました。

「響け!ユーフォニアム」次は劇場版です。毎週ごとにテレビの前で彼女たちの物語を見守ってきてくださったみなさん、次は映画館で、最高の青春を体感いただけるように頑張ります!「誓いのフィナーレ」を応援してくださいね!

第4298ばか

感性★クリス

こんにちは、クリスです。

実は今日、我が家のお嬢ちゃんが小学校に上がって初めてできた親友が遠くに引っ越します。

保育園からの友達がたくさんいる学校で、そうではない人間関係の形成はひとつの成長だな~と
見守ってきていたのでこの転校には親のほうが感傷的になっている今日この頃…。
この関係がずっと続くのか、これで今生の別れなのかは本人たち次第のところがありますが、
たいてい後者なのは大人目線では必然で。。まだまだこの別れの意味はわかっていないのだろうなぁと。

学生生活というのもその延長線上に卒業式があるものだから卒業式までは気づけないけどその後、
もう二度と戻れない。あの日常を振り返ると「あれが青春だったんだなぁ」と。

当たり前の日常は終わってみないと終わることの意味ってなかなか気づけないものですよね。


今日は急に暑くなりました!夏はもうすぐそこですね!!
来週はあがたまつりなので「宇治でおまつりフェスティバル」です!

遙たちも、久美子たちもその後の青春をまたみなさんにお届けできることをとてもとてもうれしく感じています!
息をして熱を持って生きる彼らと共に生きる時間を楽しみにしていてくださいね!!!