第4304ばか

熱気☆wako

  • 2018年06月04日

こんにちはwakoです。

梅雨入りかな?と思わされる雨の時間もあれば、一気に夏かと思うような日中もあり、変化に富んだ時期ですね。

空が表情豊かに目まぐるしく変化する季節でもあるので、とても良い観察材料になっています。

制作中に「今のこの空、作品のイメージぴったりだから観ておいて!」と監督から声がかかることもしばしば。

写真では再現されない色や空気感も共有できるのは背景にとって強みです。

 

昨日の『響け!ユーフォニアム』のイベントにて新情報が発表されました!

2019年春、遠いようですぐです。楽しみにお待ちいただければと思います!!

ユーフォの空は凛としたキャラにも負けず力強く彩っていくので、ユーフォならではの世界を皆様にお届けできるよう、日々の空観察にも勤しみたいと思います!

第4284ばか

息をひそめて☆wako

  • 2018年05月07日

こんにちは、wakoです。

GW、いかがお過ごしでしたでしょうか。

甥っ子が初節句を迎え、wakoはひたすらにお祝いモードでした。陣羽織で笑顔の甥っ子から、着替えに疲れたのか無表情の甥っ子まで、続々と成長記録が刻まれています。

 

最近の流れに乗って、只今公開中の『リズと青い鳥』私も背景で参加させて頂きました!

背景は美術監督の描いた美術ボードと同じ色とタッチと空気感を、どんな構図でも感じ取れるよう描く使命があります。

普段は描き進めながら技巧的にも心情的にもその世界観に浸っていくのですが、今回は仕事に入る直前に原画さんと話をしている時に「息をひそめて決して触れないように、けれど全ての形を手のひらで辿るように」という言葉が出てきて、すとんっ、と描く方向が落ちてきた、私にとって稀有な作品です。

美術ボードと、美術監督からの「ガラスのような透明感」というワードも綺麗に合致して、描きながら悩む事なく、方向性が定まったのは初めての経験でしたが、得難いこの機会を逃さないよう全力で描ききりました。

 

繊細な、けれど熱のある作品となっています。

是非、映画館にお越しいただければ幸いです。

第4264ばか

小さい部屋☆wako

  • 2018年04月04日

こんにちは、wakoです。

ハム平さんが触れられていた通り席替えが行われ、私も新たな場所へ移りました!移動した先も見慣れた場所のはずなのに、心持ちがなんだか違って感じるのが不思議です。

 

新たな机で手のひらサイズの学校机や椅子を展開している背景さんもいて「影の確認用です」との事。

こんなのも作りましたよ、と穴をあけた小さな箱も見せてくれました。四角く横長に切り抜いた穴部分の中央にサッシがわりの楊枝。お手製ミニチュア部屋模型です!

床の映り込み方も観察できるよう、床部分にアクリル板まで設置されていてすごいと歓声をあげてしまいました。

DSC_071

 

物の影のつき方が難しくて入社したての自分も階段をお手製していたことを思い出しました。

回数は減りましたが、今もやります。知識として得ていても、本物を観なおして描くのがしっくりくるのは何度描いても変わりません。

 

小さな部屋を作っておられる背景さんは今後も机の上を素敵に展開していく野望があるようなので、時折そっと覗きこませていただきたいと思います。

第4244ばか

しおり☆wako

  • 2018年03月06日

こんにちはwakoです。

日曜日は一気に気温が上がって春の空気を感じました。

春の空気は埃っぽい印象ですが、慌ただしく木々が芽吹きだしているからかも、と捉えると活気がある感じで良いです。

 

窓も開けたままで平気な陽気だったので、家の掃除をしていた所、文庫本の隙間から連続で輪ゴムがパラパラ。

よく手近なものをしおり代わりにするのですが、輪ゴム入れが近くにあった時期だったようです。両手分ぐらいの冊数から落ちて来たので取り忘れ過ぎだろうとびっくりしました。

そういえばお仕事中でも定規がないなー、と思ったら絵コンテか設定の隙間から発見することも度々。

結構無意識のまま放置してしまっているという事ですね……。

 

自分にダメ出しをしつつ、輪ゴムが本に貼りつく前に見つけるきっかけをくれた暖かさに感謝の日曜でした。

第4224ばか

立春☆wako

  • 2018年02月05日

こんにちはwakoです。

指先のかじかむ日が続きますね。

 

昨年、思い切って引っ越しました。

新居の近くに桜の並木道があって、枝ぶりが格好いい木々の間を通り抜けて通勤しています。

落葉樹は季節の移り変わりを教えてくれるので、ありがたいなぁといつも思います。

立春を過ぎて、今は寒そうな枝が芽吹いて来る日が楽しみです。