第4231ばか

近況☆報告

最近のアニバカは、ネタも尽きて加齢による体の不調を報告することに終始している三好です。

今回も新たに患った帯状疱疹という、途轍もなく痛い病気の報告をしようかと思ったのですが、これを読む人は私の病気に興味がないことに思い至り、仕事に関する近況報告をすることにします。

 

さて、二日ほど前、私はこの春公開予定の「リズと青い鳥」の担当原画をなんとか終えました。

いつものことですが、山田監督のコンテが素敵で、やる気もカラ回り気味だったのですが、コンテの求めるイメージに自身の技術が追い付かず、吐きそうになりながらのた打ち回り、最後はなんとかキャリアでカバー(誤魔化)して担当パート演出に(視線を合わせないようにして)カットを提出。

 

見捨てられないよう精進することを密かに誓い、昨日、新作テレビシリーズ一話の作打ちをしました。

こちらも積年の個人的課題満載な仕事なので、新たにチャレンジするつもりで取り掛かりたいと思います。

 

余談ですが、最近つくづく思うのは、流行に敏感であり続ける、というのは大変だ! という事。

実際三好には無理です。

今時の流行り廃りの速さは、私の脳に残像すら残しません。

エレキテル連合の面白さが未だに分からないのに、にゃんこスターって言われても…

インフルエンザのB型が大流行しているのに私がかかったのはA型。

こんなに鈍感だから、新しい演出や作画に追い付けないのだーーーっ。

 

なんて、トンチンカンな事を思う近頃の三好でした。