第4469ばか

新刊!☆新刊?

先日、本屋で長谷川卓の新刊を見つけて変な声が出しました。

なんと「嶽神伝」の新刊が出ている! しかも二冊!!

周りに人がいないのを確認してから小さくガッツポーズ。

小躍りしながら手に取ってみると、タイトルに見覚えが… 「血路」「死地」!?

こ、これは既に持っている大好きな南陵七ツ家秘録のエピソードじゃないか‼

そうです。私の家の本棚に十数年前から鎮座しているハルキ文庫版の「血路」と「死地」。

忘れたころ何度も読み返している「二ツ」の物語。

 

 

今回の新刊は「嶽神伝シリーズ」として講談社から新たに出版されたもののようです。 落胆。

それでも未練がましく裏表紙の解説など読んでいるとこんな文章が。

「徹底的な加筆修正をし、血沸き肉躍る決定版として再登場」

…徹底的な加筆修正…

…決定版…

 

 

勿論その後いそいそとその二冊を持ち、レジに並んだのは言うまでもありません。

 

さて、話は変わりますが、この度「毎日映画コンクール」の「大藤信朗賞」を当社の「リズと青い鳥」が受賞しました。

この賞は実験的な作品が対象のとても歴史ある賞で、スタッフの一人としては唯々嬉しい受賞となりました。

これは「リズ」が内包する非常に際どく繊細な挑戦が、観る方に正しく届き、それを反転したかのような能動的な制作者の姿勢そのものが評価された故の受賞だと考えております。

私自身、アニメーションにおける表現の奥深さを、山田監督、キャラデザ西屋氏、音楽牛尾氏から改めて学ばせてもらいました。

観る人を選ぶ側面も持つ映画ではありますが、今まで触れたことの無い純粋な感性に満ちた映画に仕上がっております。

未見の方は是非一度ご覧下さい。

 

 

そしてこの四月に公開予定のユーフォニアムの映画とも、こっそりとリンクしております。

こちらもどうかお楽しみに!

三好

三好一郎です。
改めての自己紹介をします。
仕事は主に作画(原画)と演出をやっております。

私の一番の趣味は、多分アニメーションです。
長くこの仕事に携わっていますが、未だに飽きることがありません。
なかなか作画のコツを呑み込めず苦労しておりますが、やりがいのある仕事だと感じております。
これからもがんばりますので、このアニバカとも併せてよろしくお願いします。

三好さんの記事を表示 >>