第4549ばか

広い机☆うえぴ

実は今年は密かな目標がありまして。
それは「広い机」を買う。という密かな目標だったのですが、
四月にその目標を達成。
古い木材や家具を使用したアンティークな家具屋さんで購入。
お好みの「広い机」を買うことに成功いたしました。
机の脚の素材は鉄で、天板の素材は木です。

実はこの木の素材が面白く、木の種類は桜、そして一枚の板で作られています。
一枚の板。。。つまり複数の板を繋ぎ合わせてはいないのですが、
机の奥行は80cmほど。

80cm。。。つまりこの桜の板がまだ木の幹だったころは太さが100cmオーバーぐらいは
あったのではないだろうか。と店主のかたがおっしゃっていました。

この桜の板の出所は京都、西陣織の職人が机として使っていたらしく、
使われなくなったものを再利用して作られたらしい。
おそらくは江戸時代に切り出された桜の板ではないだろうか、、、との店主の推測。

自分はあまり桜の木に詳しくはないのですが、
現在そんな太い桜の木がどれほどあるのか。。。
そう思うと大変貴重な桜の木の板なのだろうな。。。
と思ったりするのでした。

第4548ばか

ホタルを見に行きました☆石原

石原です。
ユーフォの三年生編の制作が決定しました!
いろんな打ち合わせもまだまだこれからですが
(映画舞台挨拶の時にはホントにまだ決まっていなかったのです)
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

あがた祭りも良いお天氣でした。
梅雨入りはまだですし、ここ数年では珍しくスッキリ晴れでした。
ユーフォが上手くいくように神社にお参りもしましたよー。

さて、話変わって、ホタルを見てきました。
住宅街を流れる川です。
写真はカメラを三脚固定で長時間露出。初ホタル写真です。
何枚かを合成しているので派手に写ってますが、実際結構な数のホタルが飛んでいました。
こんなに多くのホタルを見るのは初めてなので楽しかったです。
baka090607
たくさん飛んでいるところにカメラを向けているだけなので
構図的には良くは無いですね(汗
でも写っているだけで嬉しかったです。
(カメラはリコーGR3。シャッタースピード5秒、絞りf2.8。感度800。
インターバルで何枚か撮ったものを合成。背景を少し明るくしています)

ホタル素人ですが、撮影していてパターンがあるようになんとなく感じました。
パタッと光るのをやめる時間があったり、しばらくするとまた一斉に光出したり。
撮影している時には気付かなかったですが、写真を見ると飛ぶ道筋なんかもありそうで。
来年はもう少し調べてみます。


それではユーフォニアムよろしくお願いしますー。

第4547ばか

「あがた祭」へ☆J・U

  • 2019年06月06日

宇治の有名なお祭りである「縣祭(あがたまつり)」へ行ってまいりました。時間が出来たので7年ぶりくらいに足を運んでみました。

あがた祭と言えば雨の日が多いのですが今回のお祭り当日は良い天気でした。それにしても人が多くて賑やかなひと時でしたね。神社への参道の流れが幾度となく止まっていました。ようやく深夜に担がれるお神輿にも忘れずに手をあわせる事が出来ましたので帰路についたわけですが、ぐるっと廻って約2時間かかっています。

私自身、神前で手をあわせている時は基本的に頭の中が真っ白になるタイプなのですが今回は頑張ってみました。今年は控えている作品が全て無事完成出来て大ヒットするようお願いしました。

第4546ばか

ゴジラ☆芳藏

日本のキャラクターがアメリカで映画化されることが多い昨今ですが

ゴジラの映画は毎回楽しみです。

今回の映画はゴジラだけでなく怪獣が沢山出てきて、

怪獣同士が戦いまくる超エンターテイメント作品で大満足でした。

この映画、2時間以上あるのですが

怪獣が画面に出ているシーンが体感的に全体の半分くらいの分量があって

その作業量はとんでもないんだろうと想像してしまいます。

ユーフォニアムでいえば1時間分くらいの演奏シーンを描くようなもの。

映画を見終わった後、ふとそんなことを考えて一人で震えていました。

 

 

第4545ばか

楽しい!☆楽しい?

六月になりました。

あとひと月ほどで今年も折り返し。

もうすぐ来る梅雨の空模様を楽しんで、厳しい日差しの季節を待ちたいと思います。

 

さて、話は変わりますが近頃三好が好んで観る映画はどれも良く出来ていて満足度の高いものばかり。

いろんな意味で表現のレベルが近年、数段上がったように見えます。

映画好きとしてはホントに喜ばしい限りなのですが…

しかし観終わってしばらくすると、腕を組んで眉間に皺を寄せている己が居ります。

「薄々気付いてはいたけれど、私の見えないところで映像に携わる人たちはとんでもない努力を重ねているようだ…

おかげで楽しく映画鑑賞が出来ているけれど…

私は彼らと同じほどの情熱で映像造りに取り組めているのだろうか…」

 

…緊張して、背筋が伸びました。

 

ええ、もちろん全霊を傾けて取り組んでおりますが、面白い映画を観る度にそれが足りていない事実を突きつけられます。

映画を楽しく観たいので、これからは更に深いところで仕事ができるよう努力したいと思います。

曲がった老骨に鞭打つぞ~!