【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期後期生】
現在私は動画の中割りの課題、振り返る人の動きを描く原画の課題、絵コンテからレイアウトを起こす課題に取り組んでいます。
それぞれの課題に取り組む中で、様々な改善点が浮き彫りになってきますが、最近は自分の中の根本的な問題の発見につながってきたと感じています。
例えば中割りの際に重要となってくるのがクリンナップなのですが、良いクリンナップをするためにはただ線をなぞるのではなく、形を捉えて意志を持って線を引く必要があるのだと教わってきました。しかし私はまだクリンナップで原画の印象を表現しきれずにいます。
また私は原画を描いていても、ラフの時に表現できていた印象を清書したときに失ってしまい、描くポーズが固くなりがちです。
つまり私は自分で描いた絵ですら漠然としか捉えられておらず、自分の表現にできていないのです。
これらの問題の根本的な原因は、私が一本一本の線を侮っていることだと思いま す。一本の線に表れる甘えがどれだけの印象の差を生むか、理解していないのです。
これは動きを描く上でも同じことが言えます。
どんな画であっても、つなげば最低限「動いて」見えますが、この段階ではアニメーションとは呼べないのだと分かってきました。画の一枚一枚が前後の動きや感情を予感させるものでなければ、表現の域には到達できないのです。
一枚一枚の画の精度、画の中の線一本一本の精度がとわれるのがアニメーションです。
このように私は課題に取り組む中でアニメーションの本質と、自分が抱える問題点に気づくことができました。
その上で、アニメーターを目指す私の最初の課題は線一本一本に誠実に向き合うことなのだと考えています。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション 美術・背景科 第29期前期生】

私は今B2サイズに背景を描くという卒業制作の2枚目に取り掛かっています。

卒業制作に取り掛かる際に、今まで講師の方からご教授頂いたことを踏まえつつ自由に描くということを決めていました。
一ヶ月という期間で日頃描いている4倍のサイズに向き合うと考えたときに、集大成として描きたいものと今の自分の実力とのギャップで出始めから悩み、終着点を見失い弱気になることもありました。
しかし、出来ないかもしれないという気持ちから妥協して選んだものは、後々保身に走ったことを後悔し制作も楽しめないと思い、最後には挑戦もかねた表現したい題材を選べたと思います。なので四苦八苦しながらも完成まで楽しく描くことができました。
また、今回思い切って挑戦したことで苦手なものと向き合うことへの自信もついたので、2枚目はより完成度の高い絵にしていけるよう励みたいと思います。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【アニメーションドゥウ アニメーター科 第29期前期生】

私は現在、卒業制作に取り組んでおります。
先日から、本格的に原画作業に取り掛かり始めたのですが、私が作業をする際に意識するように心掛けていることは、

『「キャラクター」ではなく、「生きている人」を描く』ということです。

この心得は、表情の描き方に悩んでいた私に、講師の方が伝授してくださいました。

そのアドバイスをいただいた時、私はそれまでの作業において、「良い絵を描かなければならない」と手元にばかり集中して、根本的なことを忘れてしまっていたことにようやく気がつきました。
画力の有無に関わらず、私が「固い絵」しかかけなかった理由はそこにあったのです。

観た人に、どこかリアルで愛される作品を作るには、まず、自分自身が、1カットごとに愛情を込めて作り上げていくことが大切であるということを今回のことを通して学びました。

思うようにいかず、悩む時もありますが、そんな時こそ初心にかえり、自分が本来表現したかったものを思い出し、作品の軸をぶらさないように注意しながら、焦らず慎重に描き進めていこうと思います。

背景について

美術・背景科講師の笠井です。
現在美術・背景科では、卒業制作に入っています。
普段は、B4サイズの紙に背景を描く授業ですが、卒業制作は、B2サイズと大きい紙に描きます。紙の大きさやデータ解像度が、大きくなればなるほど、沢山の情報が画面に映ってしまいます。
小さいサイズの物を単純にひき伸ばしただけですと、画面がぼやけてしまいます。その為、大きいサイズを描く時には、しっかりとした情報集めが大切です。
背景では物を描いた時、形が上手くいかない場合や何か物足りないと感じた時などは、物の用途や構造を調べます。人の作った物は、何かしらの使いやすさや、使用目的があり何を描いているかを意識したうえで、描くと実在する説得力が出ます。
自身も入社したての頃、上手く描けない時は、「その物の構造を理解していない」と先輩から教わりました。絵ですので感覚で描く事も大切ですが、情報集めの大切さを塾生にお伝えし、成長できる力に変えていって、いただきたいと思います。

【塾生】現在取り組んでいる課題と、そこから学んだこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期前期生】

私が現在取り組んでいる課題は、卒業制作です。塾生として一年間取り組んできたことの集大成として、個々人が思い思いにストーリーを構成し、絵コンテ、作画を全て一人で行っています。卒業制作が始まったのはちょうど一ヶ月前程で、今は主にレイアウトからいよいよ作画作業に入っています。

どのセクションの作業をしていても思いますが、作品を形にする過程は終始試行錯誤の連続です。ああでもないこうでもないと思考の沼に嵌ることもありますが、『伝えたいこと・表現したいことがアニメーション作品として形になっているか』を第一に、一年間自分のやってきたこと、講師の方々に教わったこと、そして今の自分を信じて前へ進むのみです!

・・・とはいうものの、卒業制作では作品延いては自分自身と向き合う時間が増える分、悪い意味で手元ばかりに意識が集中し、その所為で本質を見失いそうになることもしばしばあります。加えてスケジュールとの兼ね合いや進捗状況などの不安要素も重なると頭の中がパニックに陥ってしまいます。そんな時はふと自分の周囲を見渡してみたり、過去の授業課題やストックしてきたものたちに目を向けてみたりと、一旦肩の力を抜いて冷静になることも大事なのかなと思います。

あとは、自分の愛を最大限その作品に注ぎ込むだけです。

作画技術面における一つ一つの粗は引き続き改善しつつ、しかし作品制作を楽しみながら苦しみながら、まずは目の前の作業に全力投球で、一歩ずつ着実に作品の完成まで邁進していきたいと思います。