【塾生】イメージを理解する

【京都アニメーション アニメーター科 第30期生】

プロ養成塾で学び始めて一ヶ月ほど経ちますが短い期間でも多くを学びました。
塾の課題に取り組む際、何が出来ていて何が出来ていないかが明確になることによって練習目標をより細かく定めることができ、描けば描くほど向上すべき点が数多く存在することに気づくことが出来ます。
より良い作品を作るにあたって何を意識すべきか、以前の自分にはなかった目線を得ることができ毎日とても楽しく充実しています。

講師の方々から学んだ事や自分で気づいた事などをどれだけ高い質で実践できるかが自身の課題だと考えています。
講師の方々は自分で作ったものをどう思うか尋ねてきます。私は、物足りなさを感じるのですが原因を即指摘することが出来ない事が多々あり、ただ違和感を感じるだけではどこをどう直せばいいのか明確にすることが出来ないと気づかされます。

頭でイメージを構築し、それを形にすることができて初めてそのイメージを理解したと言えると思っていますので、より深い理解によって豊かな表現が可能になると考えています。
自分の目指すものをしっかり形にできるよう、修正すべき点を自身で見定められるよう努力していきたいです。

【塾生】小さなことからコツコツと

【京都アニメーション アニメーター科 第30期生】

プロ養成塾に入塾して3週間ほど経ち
もうすぐ4月も終わろうとしています。
時間があっという間に過ぎていったように感じます。

この数週間、講師の方々や塾生の方に刺激を受けながら
もっと頑張るぞ!と意気込んでおります。

日々授業を受けている中で私が痛感したことは、入塾する前にもっと基礎画力やアニメーションの知識を磨いておけば良かったという点でした。

プロ養成塾は現役の講師の方々に指導していただける非常に恵まれた環境です。その中で「何を学ぶ」かが重要だと思います。私は、基礎画力や基本的な動きの知識などは自分で身につけ、講師の方々にもっと踏み込んだ質問ができるようになりたいです。

練習や課題をする中で、自分の実力や知識の少なさを感じ、焦燥感に駆られることがあります。しかし、いくら焦って練習をしても技術は一朝一夕ではなかなか身につきません。自分ができないことに積極的に挑戦していき、できることを少しずつ増やしていきたいです。

焦らず、されど弛まず、一年の終わりに自分の成長を実感できるように1日の時間を大切にし、日々勉強に励んでいきたいです。

【塾生】まだ一週間、されど一週間

【京都アニメーション アニメーター科 第30期生】
私が入塾してから一週間が経ちました。

一週間、講師の方々から指導して頂き、私にとって初めて知ることが多くありました。

ですが、この一週間はとても短く感じました。

これからの日々がこの一週間のように目まぐるしく続くとなると、一年なんてあっという間に過ぎていくことでしょう。

私は、日々の時間の使い方がとても重要だと感じました。

授業を受けることで達成感を得てそれで終わりにするのではなく、プロ養成塾外でも自主的に勉強をすることはもちろんですが、分からないことがあればすぐに講師にきき、塾生同士切磋琢磨しながら、貪欲な姿勢で取り組みたいです。

プロ養成塾に通うこの一年、私は貪欲な姿勢で講師・塾生の方々からより多くのことを学び、また指導されたことをただ鵜呑みにするのではなく、自分なりに理解を深め、それを踏まえてたくさんアウトプットしていくことが今の私の第一歩の目標です。

その目標を1つずつ踏破していきながら、私はアニメーションを通じて『リアルとはまた違うアニメーションでしか表現できない人の重みを感じる動き、繊細なキャラクターの表情。その世界観に、しっかりとそこに存在している人物や物体』を表現したいです。

一年間

アニメーター科 動画講師の樫原です。

先月卒塾式がおこなわれ、入塾してから一年は本当にあっという間に過ぎるなと感じています。

卒塾式の中で塾生から最後の挨拶があるのですが、その言葉はいつも私の心に響いて一年間の出来事を思い起こします。

日々の授業、試行錯誤する姿、その中で生まれる対話、一年の集大成である卒業制作の個性豊かな作品。

塾生の思いや考えがこちらに伝わり、ひとりひとりの成長に込み上げるものがあります。

私からもまだまだ伝えたいことがありますので、今年四月から入塾する塾生が充実した一年になるよう出来る限り支えていこうと気持ちを強く抱いています。

鉛筆デッサン

こんにちは。
「原画」に関する授業を担当させてもらっています。アニメーター科講師の太田 です。

アニメーターの練習法の一つに「鉛筆デッサン」があります。皆さんも学校で美術教室に飾ってあるものを見たり、授業等で描いたことがあるといった人もいるかと思います。

鉛筆デッサンをすることで鍛えられるのは「見る力」です。自分が見ているものをそのまま紙に鉛筆で描き起こす。単純ですが、この動作の反復が「見る力」を養います。

アニメーターはもちろん、絵を仕事にする人にとって「見る力」はとても重要であり、まずは何よりこの力を鍛えなくてはなりません。「見る力」がしっかりしていれば、絵の中の違和感を正せますし、どうやればカッコイイ絵を描けるかが理解できるようになってきます。プロ養成塾でも入塾から卒塾まで、一年を通して鉛筆デッサンの講義は行われます。デッサンすることはそれほど重要なのです。

一年間、鉛筆デッサンを続けた塾生たちの絵は目に見えて良くなっています。鉛筆デッサンで養った「見る力」で、今後塾生たちがどのような絵を描いてゆくのか。とても楽しみです。