【塾生】現在学んでいること

【アニメーター科 第28期後期生】
現在、学んでいることの1つに 『立ち止まる、走り出す』という動作の作画課題があります。
前回の作画課題である『飛び越える』で学んだ、アニメーションにおける、『のび』と『ちぢみ』の表現、『軌道の捉え方』に加えて、どのようにして人はバランスを保ちながら、走ったエネルギーを相殺し、立ち止まることが出来るのかについて考えました。
なんとなくこう動くものだろうというぬるま湯な考え方では到底説得力のある動きには繋がりませんでした。
どうしたら止まろうとするように見えるのか。
どうしたら走り出すエネルギーを表現できるのか。
止まる瞬間どれぐらいの力が、どこにかかり、どのようにしてバランスを取ろうとしているのか、体はどう捻っているのか、走り出すときはどうだろう。
1つ1つの疑問を紐解き、動きの要点を捉えながら絵に起こしていきます。それでも、前後の動きが繋がっているように見えるかパラパラと確認してみると、思っていたように動いていないことも多く、何が描けていないのかを改めて見直し、出来ていない部分を描きなおす、を繰り返しながら動きの追究をしています。
他にも、アニメーター科は中割り、レイアウトなど曜日ごとに学ぶことが違い、1週間でみると学ぶ要素も多くあるので、1日1日、今日の自分は何を体得したのか確認する毎日です。

 

【美術・背景科 第28期後期生】
先月までは模写の課題を中心とした授業でしたが、今月からはお手本がない課題が始まりました。
画面内で寸法の基準を決めてそれに合わせて絵を構成して行き、影と光の位置関係を意識しながら描きます。
そこで学んだことは、ちゃんとした絵を描くために資料をしっかり見ること、物の寸法や仕組みを狂いなく描く為に資料を見るときはどんなところに着目して描いているのか、光の表し方や描き方などです。
今月は資料との向き合い方を特に良く知ることができました。
まだ全然上手くは描けませんが、講師の方々の教えを上手く汲み取ってここで基礎を会得し、今後に繋げたいです。

進む道

塾講師を担当しております、丸木です。

講師を担当するようになってからしばらく経ちました。
ここまでにたくさんの生徒たちを見ていて思うのは、
当たり前のことですが、皆さん一人ひとり違う人間ということです。

入塾した段階での技量や知識。
入塾までに得てきた経験や価値観、好き嫌い。
そして入塾後に目指す自分の在り方、目標。
本当に様々です。

私が講師をしながら皆さんに伝えたいこととして
「自分の育て方を見つけてほしい」とよく言っています。

プロ養成塾の期間は1年と短く、その期間内に皆さんの成長を
助けるべく可能な限りのことを行いますが、
アニメーションの道は一生学びが続きます。
自分の育て方を知っていることが、長い道のりの中きっと皆さんの助けになると思っています。

私もまだまだ道の途中です。
皆さんと一緒により良いアニメーションを作っていけるよう
歩んでいきたいです。

アニメーションは面白い!

アニメーター科講師の澤です。

今回よりプロ養成塾のブログに参加させていただくことになりました。

よろしくお願いします。

 

今は“驚く”というテーマで授業を行っています。

“驚く”という現象一つとってもその表現は様々で、男の子、女の子、老人、動物等々、それぞれの対象やシチュエーションによって描き方は全く異なります。

どういう風に描いたら驚いているように見えるのか、というのを改めて考えるというのはとても面白いですね。

そして前回、驚かしてもらったのは“麻袋”。

中に豆か何かの入った、ただの麻袋です。

現実には、麻袋が自分から動き出すということはないのですが、絵を描いて動かすことによって、無生物でもまるで生きているかのような演技をさせることができる。それがアニメーションの最大の魅力の一つです。

技術はもちろんのことですが、アニメーション、絵を動かすという行為の本来持っているそういった“面白さ”というのも同時に学んでいってもらいたいな、と考えています。澤さんブログ

【塾生】入塾から2ヶ月過ぎて感じていること

【アニメーター科 第28期後期生】
この2ヶ月は常に自らで考え、気づき、導き出すことの連続で、今、自分が身につけるべきはその感覚、そしてそれに必要な力を養うことだと痛感しています。授業で投げかけられる講師の方々からの問いを咀嚼し、自らに落とし込むことで、描くこと、見ることへの意識の変化も生まれたように思います。手探りながらも自分の確かな実感を積み重ね、そしてそれがアニメーションとしてのリアリティに繋がるように日々奮闘しています。学びの中で、線一本ですら描くことに難しさを感じますが、またその一方で絵作りの楽しさも深く感じるようになりました。

 

【美術・背景科 第28期後期生】
この2ヶ月間はあっと言う間にすぎました。すでに、思い返すときりがないくらい多くの事をご教授頂きました。その中で私が1番大事だと感じたことは何事にも疑問を持つ事です。光源の位置、絵の具に含ませる水分量など今まで自分では意識していなかった部分を理解して自分の絵に反映させていくことが作品のクオリティアップに繋がり、より良いものが出来ていくのかなと思います。描く力は勿論ですが見る力、考える力も同時に身につけていきたいです。

近況

美術・背景科講師の篠原です。

私が講師の一人として就くようになって一年半程が経ちました。

普段は美術背景マンとしての職務を担っています。ときには美術監督や背景担当などとしてチェック業務に携わり、絵の良し悪しの判断やコメントをすることもあります。

講師として誰かに“教え伝える”という事は普段のそれとはまた違う感覚が生まれます。
どうすればうまく伝わるのか、理解してもらえるのか、いつもそんな“普段”とはちょっと違う葛藤をしながら塾生と向き合いお互いに切磋琢磨し続ける日々を過ごしています。

講師によって技法や伝え方が違ってくる事があります。
完成までの道筋が人によって異なるというのは普段の仕事からでもよくあることなので、ゴールに向かう選択肢として受け止め、自分の成長に合う方法はどれなのか試行錯誤しながら吸収していってくれることを望みます。

28期後期生が入塾してはや2ヶ月が経ちました。
カリキュラムの内容はまだまだ基礎的なものなので、“描く事を楽しむ”とは遠いものかもしれませんが、この仕事をしていく上での必要な事ばかりなので、その先にある“喜び”を目指してしっかり理解し身に付けて貰いたいです。

塾の環境を活用してガンガン攻めて来てくれると嬉しいです。