【塾生】何事も楽しめる人に

【アニメーションドゥウ アニメーター科 第30期生】

思い返せば昨年の今頃は、自分が入塾できるだなんて思ってもいませんでした。

今の自分はとても幸せで恵まれた環境に居るなといつも感じています。

授業が始まって初めの2週間は、アニメーターを目指す事の厳しさや、自分がいかに絵が描けないかを実感しながらも、同じ目標を持った仲間と共に最高の環境で学べることが嬉しくて楽しくて仕方ありませんでした。

しかし、コロナウイルスの影響で4月半ばから自宅課題となり、一人で課題に向かっていると嬉しさや楽しさよりも焦りや不安な気持ちの方が上回りそうになりました。

これからそういう時が何度も訪れると思いますが、そういう時こそ、入塾前に抱いた強い気持ちや、楽しむ事を忘れずに課題に取り組みたいと思っています。

特に入塾してから、楽しむ事が大切だと私は思いました。

尊敬する先輩方は常に楽しそうでした。そして自身の経験上、今まで良い絵が描けた時は決まって楽しんで描いていたからです。

入塾してからいつも思い通りに描けず悔しい思いをしていますが、そんな中でも常に向上心を持って学び考え、今の自分が持てる最大限の力を尽くす事が、楽しんで描く事に繋がり、さらに成長する事に繋がると私は思います。

既に課題は山積みですが、自分の絵と向き合うことを恐れず、ひとつひとつ確実にこなして行きたいと思います。

そして、卒塾する頃には胸を張って楽しかった!と言えるよう日々精進してまいります。

【塾生】イメージを理解する

【京都アニメーション アニメーター科 第30期生】

プロ養成塾で学び始めて一ヶ月ほど経ちますが短い期間でも多くを学びました。
塾の課題に取り組む際、何が出来ていて何が出来ていないかが明確になることによって練習目標をより細かく定めることができ、描けば描くほど向上すべき点が数多く存在することに気づくことが出来ます。
より良い作品を作るにあたって何を意識すべきか、以前の自分にはなかった目線を得ることができ毎日とても楽しく充実しています。

講師の方々から学んだ事や自分で気づいた事などをどれだけ高い質で実践できるかが自身の課題だと考えています。
講師の方々は自分で作ったものをどう思うか尋ねてきます。私は、物足りなさを感じるのですが原因を即指摘することが出来ない事が多々あり、ただ違和感を感じるだけではどこをどう直せばいいのか明確にすることが出来ないと気づかされます。

頭でイメージを構築し、それを形にすることができて初めてそのイメージを理解したと言えると思っていますので、より深い理解によって豊かな表現が可能になると考えています。
自分の目指すものをしっかり形にできるよう、修正すべき点を自身で見定められるよう努力していきたいです。