【塾生】演じることの難しさ

【京都アニメーション アニメーター科 第31期生】

現在「立ち上がる」という課題に取り組んでいます。自然な立ち上がり方とはどういうものなのか、人間が楽に感じる立ち上がり方とはどういうものなのか、資料を見たり実際に動いたりして、探りながら取り組んでいます。

この課題に限ったことではありませんが、動きの軌道にばかり意識を向けてしまい、スピード感やコマ打ちのことが頭からぬけ、絵も動きも硬くなってしまうことがあります。

アニメーションであることを忘れず、柔軟に楽しんで取り組まなければ、描いたものにも硬さが出てしまうことを実感しました。また、キャラクターを演じることの難しさを強く感じています。

イメージの乏しさや画力の不足など、自分の力不足に凹むこともよくありますが、今はひたすらにもがくしかありません。

まだまだ課題は山積みです。一つずつ苦手を克服し、成長していきます。

【塾生】日々の積み重ね

【京都アニメーション アニメーター科 第31期生】

現在、動画の授業で中割の課題に取り組んでいます。

中割をする中で、クリンナップの授業で教えて頂いた「ただ線をなぞるのでなく、絵を描く」という言葉の意味をやっと理解する事ができました。原画に描かれた1本1本の線の意味を読み取り、ブラッシュアップしていくという意識を常に持つべきなのだと分かりました。

クリンナップや中割は、線のクオリティや仕上げるまでの時間などに、練習の成果が分かりやすく表れる課題だと感じています。励んだ分だけ結果に現れ、そうして成長を実感できることがとても嬉しく、楽しいです。ですが、満足な中割にはまだまだ程遠く、コツを掴んだと思っても、少しでも気を抜けば見失ってしまうような、細い糸を掴んでいる感覚です。

掴んだコツや気付きをしっかり身に付けるためには、やはり日々の積み重ねが大事なんだと痛感しています。昨日より今日、今日より明日の自分と、毎日少しずつでも成長できるように過ごしていきたいと思います。

トライ&エラー

アニメーター科講師の熊野です。

塾生の皆さんが入塾されてから、早いもので2か月が経ちました。課題の中で様々な動き作りに取り組んでもらっています。

何かを観たりイメージしたり実際に自分で動いてみたりして、それを紙に描き起こしていく中でなかなか上手くいかないことが多々あるかと思います。

仕事をしていく中でも、この先幾度となくそういう時がやってきます。誰でも失敗を経験してきています。挑戦して失敗してを繰り返して成長していく、そんな過程もこの機会に体験していってもらいたいと思います。そして一歩ずつ前進してけるようにしてもらいたいです。

塾生の皆さんそれぞれにそれぞれの得手不得手があるので、一人一人と向き合って、一歩ずつ前進することができるように講師一同サポートしていきます。