【塾生】卒業制作から学びたいこと

【京都アニメーション アニメーター科 第29期後期生】

私は現在、卒業制作に取り組んでいます。

卒業制作は今までの課題とは違い、スケジュールを組むところからシナリオやコンテ、原画まで全て自分次第です。だからこそ見えてくる自分の課題がたくさんあります。

特に頭を悩ませたのは、作品を制作する上で何を目標にするかということです。プロを目指す者として正しい意識を持って制作に取り組みたいのです。

これまでの課題や講師の方にいただいた言葉を思い出しながら、私がたどり着いた答えは、観た人に面白いと思ってもらえる作品を作りたい、というものです。プロを目指す以上、観る人のことを意識して価値のある作品を生み出せるようにならなければいけません。

自分が描きたいものを探求するだけでなく、観る人を意識することはプロとしてどのような考えや知識、技術が必要なのかを教えてくれるはずです。制作を通してプロになるという事をしっかり考えていきたいです。