【塾生】大切な目標

【アニメーションドゥウ アニメーター科 第31期生】

京都アニメーションの作品に出会って、絵を動かすことや映像表現などに関心を強く持つようになりプロ養成塾の存在を数年前に知りました。ですが、なかなか勇気が出ずに過ごし、丁度去年の夏少し湧いた勇気を何倍にも振り絞り応募しました。

入塾して約一ヶ月が経ちます。毎日が本当に新しいことの発見で、また私自身が絵やアニメを実技として学んだことがなかったということもあり、描いたものにアドバイスをしていただけることが新鮮です。それだけではなくアドバイスをしてくださる方がアニメーターを志すきっかけになった憧れの方々であることも幸せであり、一つでも多く汲み取ろうと必死になれば成る程、時間が過ぎ去るのがとても早く感じます。同時に入塾式での講師の方々の『一年は過ぎるのがあっという間』という言葉が思い出されました。

私はアニメーションというものには、本来歩んでいく自分としての人生だけではなく、色々なキャラクターの人生を体感し、それを自分の人生に還元出来るような、無限の可能性があると感じています。また、その魅力が私がアニメーターになりたいと感じたきっかけの一つでもありました。

一年という期間をどのように過ごすのか、プロになるための一年、長いようであっという間の一年。とても大切になってくる私のこの一年の目標は、【講師の方々から教えていただけることを一つでも多く吸収してそこから発見し、それを自分で形として表現する】ことです。

そして、無限の可能性を届けることができるアニメーターになっていきたい、それが継続していく先にある夢です。入塾して間もない私が明確に感じていること、それは自分で描いたものが動く瞬間は非常にワクワクするということでした。このワクワク、という感覚を常に更新する一年でもありたいです。

今の全てをただ受け止めるだけではなく自分自身で決めた目標に向かって一年という期間を最大限の力で突き詰めて前に進んで行きます。