• 2020年1月24日 発刊
  • 試し読み!
  • キャンペーン企画
イントロダクション キービジュアル

INTRODUCTION

大正娘時間跳躍

『二十世紀電氣目録』の結城弘最新作。
人の時間を盗んだり、その時間を使って過去に戻ったりできる"貸時計かしどけい"。
そんな都市伝説のような時計を使って、大正時代から女の子がやってきた。
過去に戻るため東奔西走する少女に、振り回される無気力少年。

元気溌剌大正娘とものぐさ現代少年の
ちぐはぐ青春ハートフルラブコメディ。

スマホ新幹線
そしてミニスカ

未来異世界だ。

大正娘時間跳躍

『二十世紀電氣目録』の結城弘最新作。
人の時間を盗んだり、その時間を使って過去に戻ったりできる"貸時計かしどけい"。
そんな都市伝説のような時計を使って、大正時代から女の子がやってきた。
過去に戻るため東奔西走する少女に、振り回される無気力少年。

元気溌剌大正娘とものぐさ現代少年の
ちぐはぐ青春ハートフルラブコメディ。

スマホ新幹線
そしてミニスカ

未来異世界だ。

モボモガ

「モダンボーイ」と「モダンガール」を略した言葉。
ヒロイン・景季の生きた大正期に流行りだした言葉で、当時入ってきた西洋文化に影響を受け、身なりなどを西洋風に整えた若者たちをこう呼んだ。

modernboy moderngirl

STORY

貸時計

時を行き来する力を持つ時計――貸時計かしどけい

大正7年(1918年)。知り合いの時計店でお世話になっていた紫苑景季しおんけいきは、突然家に押し入ってきた男たちから、
店主に託された時計を守ろうとした拍子に、あやまってそのボタンを押してしまう。

そうして目が覚めると、そこは100年後の京都だった――。

平成30年(2018年)。家出をして京都の錦戸時計店で居候する光太みったは、
京都駅で100年前から来たとのたまう景季と出会う。
おかしな時計のせいでタイムスリップしてきたそうだが、
しかしその時計"貸時計"を失くしてしまっていた。
景季を元の時代に帰すため、光太の貸時計探しが始まるのだったが、
貸時計を巡る様々な人たちの苦悩と欲望に翻弄されていく。

誰でも変えたい過去がある。
でも過去を変えれば、すべてなかったことになるのだろうか。

貸時計伝説

それはまことしやかに語り継がれる
都市伝説。

ゲームに熱中していたり、お喋りに夢中になっていたりした時に、『あれ、もうこんな時間』と思うことがあると思う。それは時間泥棒が、あなたの時間を盗んでいるんだ。
時間泥棒は、時を行き来する力を持った≪貸時計≫を使って、誰かの時間を盗む。盗まれた人はその時間分だけ未来へ飛ぶ。そして未来のある時点で突然現れる。
盗んだ時間は貸時計の中に貯まっていって、貯めた時間分だけ過去に戻ることができるんだ。
貸時計は神出鬼没で、いつの間にかポケットに入っていたり、普通の時計に紛れて時計屋で売られていたりすることもある。
でもいつから存在するのか、誰が何のために作ったのか、そしていくつ存在するのか。
それは誰にもわからない――。

CHARACTER

光太
紫苑景季
錦戸虹江
條島正平
津々見美波

BOOKS

SPECIAL

試し読み

試し読み