第8回京都アニメーション大賞 選考結果・総評

総評

この度は「第8回京都アニメーション大賞」にたくさんの作品をご応募いただき、誠にありがとうございます。

今回も非常に多くの応募作品が事務局へと届けられました。その一つひとつが皆様の中にある『最高の面白い』を表現したものであり、審査員一同例年にも増して入念に審査を進めてまいりました。

その結果、第5回以来3年ぶりに奨励賞作品が選出されることとなりました。

これまでのKAエスマ文庫作品、および京アニ大賞応募作品の作風とは一味違った作品ではありましたが、作品の持つ熱意と独自性、そして審査員の強い推薦もあり受賞の運びとなりました。

今回の受賞はまさに、型にとらわれない自分だけの『最高の面白い』が迷いなく表現された結果でした。

これから私たちもまた、私たちの持つ『最高の面白い』を日本中へ、そして世界へ届けられるよう日々精進してまいります。

それでは引き続き「京都アニメーション大賞」をよろしくお願い致します。

京都アニメーション大賞審査員一同

●長編小説部門

大賞

該当作品無し

アニメーションDo特別賞

該当作品無し

奨励賞

「二十世紀電気目録」
結城弘

寸評

ストーリーやキャラクターの作り込みが良く、設定もしっかり調べられているのが分かりました。
現代に生きる私たちが当たり前のように使用している「電気」に着目した点も面白かったです。
この作品の魅力を深く追求していけば、弊社として挑戦的な作品になると感じております。

●短編小説部門

大賞

該当作品無し

アニメーションDo特別賞

該当作品無し

奨励賞

該当作品無し